施工・取付について

ハンガーパイプ(内々展開)の取り扱い方

組み合わせパーツ組み合わせ・関連パーツ取り付けに必要なパーツや関連する商品

組み合わせパーツ

ハンガーのセッティングと設置

ハンガーブラケットとパイプを、飾りボルト(SS0-HIB-M8)で固定します。
※プラスドライバーが必要です
サポートのスリットにハンガーブラケットを差し込み、左右の高さが同じであることを確認し、爪部をしっかり落とし込んでください。

ハンガーパイプを連結する場合

連結ボルト(SS0-HIB-M8C)を使用すると、2 スパンに渡るハンガーの展開ができます。
連結ボルト(SS0-HIB-M8C)を通してハンガーパイプにねじ込みます。
もう一方のハンガーパイプ(SS0-HIB-P16)にねじ込みます。

内々展開時のハンガーパイプの納まりとカット

パイプの片方をカットし、パイプの内バリをヤスリで落とします。その後、打ち込みナットをパイプに当てて樹脂または木のハンマーで徐々にたたき入れます。

ブラケットの外し方

「スイッチロック」の左側をナナメ手前に引き、カチッと固定します。(戻らなくなります)
ブラケットを手前に引き上げると外せます。

ヒントハンガー補助

補助パイプ(SS0-RP-13F)を使用すると、ハンガーの横ブレを抑制できます。
補助パイプの取り付け方は、上記取り付け方法と同じです。
お客様で補助パイプ(SS0-RP-13F)をカットされる場合はインローパーツ側のみを切り落として上記寸法図より、さらに㊀6mm してください)

×

CLOSE