施工・取付について

樹脂棚ブラケットの取り扱い方

組み合わせパーツ組み合わせ・関連パーツ取り付けに必要なパーツや関連する商品

組み合わせパーツ

樹脂棚のセッティング

樹脂棚板とサイドキャップの丸みがある方が手前になります。キャップを樹脂棚板の木口に取り付けてください。(左右あり)
木棚ブラケット(SS2-WOB-R/L またはSS2-WIB-R/L)の棚受け部をサイドキャップの差し込み口へ、外側から内側に向けて差し込みます。
両手で確実に棚(ブラケット)をサポートへ取り付けてください。爪部をしっかり落とし込んでください。

ブラケットの外し方

「スイッチロック」の左側をナナメ手前に引き、カチッと固定します。(戻らなくなります)
ブラケットを手前に引き上げると外せます。

ダブルスパン時のブラケットの外し方

2スパン以上の時は、スイッチロック操作の関係上、向かって左側のスパンから順番に棚を外していってください。

樹脂棚の納まりとカット

樹脂板のカット寸法は、展開方法ごとに異なります。下記の寸法でカットしてください。
ワイド598および898には補強用の鉄芯が入っています。鉄芯を抜き出し、樹脂棚本体をカットしてください。
また鉄芯を図のカット側の方をカットします。 (カット寸法は樹脂棚ワイド0~50mm 程度にしてください)
ご注意
  • 落下防止加工が施されている側はカットしないでください。

ヒント玄関収納に最適。
汚れたら水洗いできるウォッシャブルな樹脂棚。汚れた場合、または定期的に樹脂棚を水洗いすることをおすすめいたします。

樹脂棚を洗う際は、壁面から外し、木棚ブラケット・木口キャップを外します。さらに、鉄芯を抜き水洗いし、中まで完全に乾いてから鉄芯を入れてください。

ご注意
  • ブラケットや鉄芯を外さないまま水洗いしないでください。サビが発生し、棚の落下の原因になる可能性があります。

×

CLOSE