大阪本社06-6789-1234
FAX06-6789-1231
東京支店03-3634-6180
FAX03-3635-5766
受付時間:8:30 -17:30
日祝・年末年始休み
閉じる
製品案内

安全目安荷重

ロイヤルでは、お客様に安全な商品をお届けすべく、製品の破壊実験を日々行なっています。以下PDFより、サポートやスリットパイプといった棚柱に、それぞれ、各種ブラケット(棚受け)を組み合わせた場合の安全目安荷重をご覧ください。安全目安荷重は破壊荷重の20%で算出されています。

主な破壊原因箇所

破壊荷重に達した時に破壊される原因(きっかけ)となる箇所は組み合わせによって異なります。主な破壊原因箇所は、下記の通りです。

ブラケット 前垂れが主な原因で、ブラケットが極端に曲がります。一番多い破壊原因でもあります。 スリット穴 スリット穴がめくれます。 ビス ブラケットに負荷がかかるとサポートが前方向に引っ張られるためビスが緩み、最終的に抜け落ちます。
提供される安全目安荷重は下地を弊社製品『SST-2、PST-5』とした前提で算出されています。
下地別耐荷重実験データはこちらの表をご確認ください。

パーツごとの安全目安荷重

ガラスブラケット 水平

ガラス棚板を用いる「ガラスブラケット」の水平タイプ

安全荷重PDFを見る

ガラスブラケット 傾斜

ガラス棚板を用いる「ガラスブラケット」の傾斜タイプ

安全荷重PDFを見る

ウッドブラケット 水平

木棚板を用いる「ウッドブラケット」の水平タイプ

安全荷重PDFを見る

ウッドブラケット 傾斜

木棚板を用いる「ウッドブラケット」の傾斜タイプ

安全荷重PDFを見る

スリーブアウトハンガー 丸型

衣料ハンガー陳列時に袖口を見せる「スリーブアウトハンガー」の丸型タイプ

安全荷重PDFを見る

スリーブアウトハンガー 角型

衣料ハンガー陳列時に袖口を見せる「スリーブアウトハンガー」の角型タイプ

安全荷重PDFを見る

フェイスアウトハンガー

衣料ハンガー陳列時に正面を見せる「フェイスアウトハンガー」

安全荷重PDFを見る

ホルダ

ハンガー用バー「ホルダ」

安全荷重PDFを見る

製品に関するお問い合わせ・お見積 / カタログ請求

お電話でのお問い合わせ

大阪本社06-6789-1234
FAX06-6789-1231
東京支店03-3634-6180
FAX03-3635-5766

受付時間:8:30 - 17:30(日祝・年末年始除く)

ロイヤル製品の詳細情報
棚下・ケースLED照明製品
店舗設計用CADプラグイン&CADデータ
モノにあわせて可動できる新しい収納
Copyright © ROYAL Co.,Ltd. All rights reserved.