灯具シリーズ

SHOPのイメージに合わせた充実のラインナップ

棚下照明 Shelf Light SERIES

施工・設置方法

A-9
各電源の接続方法(壁面施工)
充電式バッテリーを使って接続する
店内で電源の取りづらいところに。

店内で電源の取りづらいところに。

電源のない場所や、床に電源配線を這わせる事が出来ない場所での使用に最適です。 充電して繰り返し使えるので便利で安心です。
例:リフレクス900mm1灯(0.618A)使用で約16時間使用可。

1 充電式バッテリー(LU-PB-10A)を充電します。
(充電時間:4~6時間)
・下記の条件で遮断されます。●過電流状態 ●高温度異常60℃●下電圧遮断22V・下電圧遮断まで使用すると、充電時間が延び、また電池寿命も短くなります。できるかぎり途中充電をお勧めします。・3ヶ月に1度は充電してください。(空容量での長期保存は避けてください)・電池容量は300回充放電で2/3程度になります。・赤ランプ点灯状態での長時間使用はしないでください。・点灯使用中の充電または、充電しながらの点灯は電池寿命が短くなりますのでお控えください。

設置方法

2 シングルコード(LU-CDS)またはダブルコード(LU-CDW)をバッテリーのジャックへ挿し込み、灯具に接続してから電源をONにします。
1系統につき1Aまで使用可です。(バッテリー1台で2Aまで)灯具の接続可能灯数は、各灯具のページを参照の上、合計1A以下になる灯数でご使用ください。

設置方法

1系統につき1Aまで使用可です。(バッテリー1台で2Aまで)

  • LU-PB-10A

    ① LU-PB-10A

    充電式バッテリー

  • LU-CDS

    ② LU-CDS

    シングルコード

  • LU-CDW

    ③ LU-CDW

    ダブルコード

  • LU-CDJ

    ④ LU-CDJ

    ジョイントコード

 

パーツ一覧

充電式バッテリーコード
棚下照明システム共通コード
ご注意
コネクタ部を持って外してください! コード部を引っ張りますとちぎれる恐れがあります。接続部を外す時は、コード部を引っ張らずに接続コネクタ部を持って外してください。
設計・施工・発注・取扱上の留意点
正しく接続してください

灯具本体への入力電圧はDC24Vです。表示された当社指定の電源、電圧以外では使用しないでください。間違った電源に接続した場合、灯具本体または電源が壊れる恐れがあります。

連結可能灯数は規定範囲内でのご使用を厳守してください。
規定範囲をオーバーすると火災及び故障の原因になります。
より安全にご使用頂けるように、安全アタッチメントパーツを各種取り揃えております。ご相談ください。

このページのトップへ